池宮彰一郎 『島津奔る』 (新潮社)



   主人公の島津義弘は、関ヶ原の合戦に際し、先見の明があり東軍徳川方の勝利を

   予見して東軍につこうとするが、徳川諸侯は、在坂の島津勢の寡少と本国勢の剛強

   から、この戦を機に薩摩島津を敗者として取り潰すことを図ったため、家康の容れる

   ところとならなかった。

    義弘は、在坂の勢力が数百に過ぎなかったため、繰り返し本国に増援の要請を求

   めたが、本国の兄・義久は、戦に巻き込まれることを怖れ、増援の兵を送らない。

    義弘は、天下分け目の戦に中立は許されず、敵対と見なされて討滅されることを承知

   しており、やむなく、西軍参加に踏み切り、再三、総指揮の三成に戦略・戦術を進言する

   が、狭量の三成にことごとく退けられてしまう。


   ここにおいて、義弘は、三成の指揮を無視し、独自独力をもって戦に臨むという前代

   未聞の驚くべき方針を決め、関ヶ原の激闘のさなか、島津勢は終始出戦を拒み続け、

   自陣を冒す者は敵味方の別なく撃ち退けた。 戦は東軍の圧倒的勝利の結果となり、

   東軍が島津勢の降伏を信じていたところ、島津勢は6百余の残兵をもって、戦場を埋め

   尽くす5万余の東軍の中を、義弘を奉じて前方に進み、家康本陣の直前を通過して、

   東軍が群がり寄って討滅にかかる中を、ついに敵中突破をして、義弘以下80余名が

   本国薩摩に帰還した。


   義弘は、秀吉と戦うまで、島津勢を九州制覇寸前にまで導いたほか、朝鮮出兵でも、

   朝鮮半島からの撤退の際に、泗川において、数千の島津勢をもって20万に及ぶ明・朝

   鮮軍を破ったほどの歴戦の猛将であるが、その実、戦で破った敵の霊を弔い、妻にも

   多くの手紙を送り、家臣にもたいへんに慕われた武将である。

     『島津奔る』は、関ヶ原での敵中突破のことだけでなく、関ヶ原の戦に際し、義弘の

   危急を知った本国の家臣が、矢も盾も耐らず、藩命を無視して国抜けしてまで義弘の

   もとに奔った姿をも意味することには、驚愕させられた。その数は2、3千とも、4、5千

   とも言う。


   また、秀吉の朝鮮出兵の目的について、経済的要因から説明する筆者の着眼点は、

   非常に説得力がある。秀吉の小田原北条攻めにより、応仁の乱から120年余続いた

   戦争景気が終焉し、その後に、想像を絶する深刻な戦後不況が待ち受けている。 極く

   僅かの具眼の士がこれに気づいた。そのひとり三成は、その打開策として、朝鮮侵略を

   考えたが、結局、朝鮮からは何も得ることなく撤兵する。

    家康もこれに気づいたが、別の方法を用い、大失業と大不況を処理するために、日本

   を二つに分けて戦争を行い、負けた側の持ち分を買った側に分け与え、その禄高を増や

   し、その者に浪費させた。

    江戸城等の城づくりを受け負わせ(公共事業の創設)、参勤交代にも街道の行き来に

   大金を浪費させ、しかも幕府に金を取られる格好でなく、直接に庶民に金が渡るようにし

   て、雇用の創出を図った。これによって、戦後不況の問題を解決したという。

    なお、私の遠い祖先かもしれない入来院重時の活躍の場面があるのも嬉しい。



      戻る